趣味の自動車メンテ・バスフィッシング等の気まぐれ日記です。


by wakas16
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

桜川 釣行

 今日は那珂川で海の日恒例古来泳法の遠泳大会があるので桜川へ行きました。北浦霞ヶ浦も考えたのですが道路も湖面も混雑必至なので、桜川でやることにしました。
 朝一を狙っていたのですが、予定のポイントにすでに先行者ありです。
 予定を変更し以前よくやっていた一級ポイントへ入ります。護岸工事後に何度も訪れていますが、どうもバスのいる感じがしません。ただ実は昨日夕方に野池とここを訪れて、野池で小バスを1本釣り、ここで小バスのチェイスを確認しています。ひょとしてバスが戻ったのかもしれないと思い、サーチもかねて桜川をみっちりやることに決めていました。
 下流側からテトラ帯をトップでやりますが反応がありません。やはり駄目かな。
 流れ込みへいきます。1投目反応なし。
 2投目ゆるく流してきて、足元の護岸のシェードになっているところにルアーが入っていきます。鯉の群れの中に入っていったのでピックアップしようとすると、ロッドにズッシリとした感触、と同時に流心へ向かっていきます。「まずい、鯉がまちがってバイトした。」以前にも何度か鯉をスレでかけたりデッドスローのクランクで釣ったりしているのであげるまでの大変さを思い知っています。
 ロッドを立てても例の感触でぐいぐいとラインが持っていかれます。テトラにラインがすれる感触が伝わってきます。ついにテトラの影に入って完全に動かなくなりました。あきらめてラインを切り回収することにしました。一応試しに角度を変えてロッドを立てます。すると動き出し、魚影が見えました。
 なんとバスです。しかもかなりのサイズ。シングルグリップでロッドパワーが無いとはいえ、鯉と勘違いするくらいの引きですからかなりのサイズです。バイトから泳ぎまでまったくバスらしい動作をせず、いまだにのろのろと泳ぎます。鯉だと思って嫌々やっていて損をしてしまいました。
 パワーはすごいので簡単にはあがってこないだろうと思い、ドラグを緩め慎重にやり取りすることにしました。
 これが間違いでした。
 ランディングのポイントへ誘導しようとすると再びテトラの影へぐいぐいとバスが入っていきます。そして簡単にラインブレイク。書き込みをしている今思い出してもため息がでます。
 朝一だというのに、もう完全に戦意喪失です。 
 その後28cmを一本出しましたが、最後までため息交じりの釣行となりました。

 
by wakas16 | 2008-07-21 23:01 | バスフィッシング | Comments(0)