趣味の自動車メンテ・バスフィッシング等の気まぐれ日記です。


by wakas16
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

高感度ロッド タックルセッティング ポイズン アドレナ 264UL

追記 20180902
パターンが1つだったので殆ど出番がありませんでしたが、数投してきました。
ストラデイック2000Sに5lbのフロロLTD.ハード、ダイワのスモラバ1.8gにDスタイルのD-1です。
感想としては、確かに高感度で、スティーズのマシンガンキャストtypeⅡに近いと思います。いや、耐荷重が全然違うせいか、それとも違いますかね。系統で分別したらそれかと。
高感度で、小石サイズも明確に感知できます。
ただし、目的としていたリグの感度は今一でした。
後、グリップがちと細いかな
ん~・・何が違うんだろう。
このリグはエアリアルじゃないとダメなのか・・。自分がバス釣りが出来なくなるまでは持つとは思いますが・・。
補修しながら何とか使っていきます。




c0146391_17425207.jpg
以前は手持ちのタックルで出来ていたのだから、
原因は腕が落ちたとしか言い様がないのだが、
どうせなら神経を擦り減らしてロッドを握るのではなく、
タックルの性能に頼ろうかと思います。

何が出来なくなったかと言うと、
ボトムを感知しながらのリトリーブ。

このメソッドで、今、全く出せなくなった。
大会でもお立ち台に載ったのはこのテクニックのお陰で、
ルアー操作で釣る類の釣りで自信のあるものと言ったら、
ペンシルとこれぐらい。
後はエリアとかポイントとか、場所を知っていて投げればたまたま居るバスが食ってくれる。
(偉そうに言うほど釣っていませんがw)

で、どうやっているかと言うと、
普通に手に伝わってくる感触でルアーを動かしている。
微妙な砂の波紋だとか、小石だとか、ルアーの後ろに魚が付いているだとか。
今思えばよくそんな事が分かったものだと。
しかし、これが出来ないと、このリグ、全く魚を連れて来ない。

同行者に渡しても当然釣れない。いや、かみさんだけは釣っていたな・・(釣りやらないくせに、恐るべし)

釣行回数も減り、全体的な感性が下がっているので、
取り戻すのは困難。

で、あれこれ悩んで、以前から感度感度とブログに吐露していました。
メーカーだって感度に関しては拘りを持って製作しているのに、
なぜグリップはソリッドでなく感度の低いEVAやコルクを採用していたのか。
青木氏だってDVDでブランクスを直接人差し指で触った方が感度が良いとのたまっている。

ストラディックを導入した時にロッドは調べても出てこないので諦めていたのですが、
先日の釣行でやはりそのリグが不発だったので、
再度検索していると、
あるじゃないですか!

18年3月!とっくに発売されていた!

カーボングリップ!

エアリアル、今までありがとう!お疲れ様!

ですよ。

こうなったら、徹底的にタックルに頼るw
ストラディックか、ルビアスか、イージス
スペックで言ったらストラディックですが、実際にインストールして選択します。
PEかフロロLTDハードか。
PEは慣れていないので、少々不安。ノット面倒だし。

ロッド届いたら試します。

追記
今回の釣行でエアリアルのフォアグリップが割れました(泣)
やはり代替わりさせないと持ちそうにありません。
エポキシも補修しまくりだし。

以前導入したメジャークラフトのベンケイは固すぎなのか、感度が悪く、飛距離もエアリアルと変わらないのでハードルアー用に。
スティーズのスーパースカイフラッシュは、上記メソッド以外でエアリアルの代わりとして使えそうです。違和感が全くなく、ロッドを意識させない感じです。
さすがスティーズ。
ただ、市場に球数がないので、全部交換と言うわけには行かないかもしれません。



by wakas16 | 2018-08-21 22:54 | タックル・ギア | Comments(0)