趣味の自動車メンテ・バスフィッシング等の気まぐれ日記です。


by wakas16
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

北浦 おかっぱり釣行 350g 1000g

アオコたっぷり、人どっさり。

食わず嫌いは良くないと思い、
片っ端からやっていこうと思ったら、片っ端から人が居て入れない。

とりあえずモーニングバイトで1本可愛いのが相手をしてくれました。

南下します。
珍しくあいている夏のポイントは去年からほぼ出ない。
少し前に誰かやっているのを見たので、
叩かれ済みなのか、バスが居付かなくなったのか・・。
どう考えてもバスにとって快適なので後者は考えにくい。

前回出したところにも2組。
一組は分かっていなさそうですが、もう一人は上手い。

様子を見ているとビッグサイズの見えバスに一撃。
同じリグっぽかったので完全にお株を奪われる。
アプローチやネットさばきもかなり上手い。
服装もしっかりしている。プロかな?
自分も見えバスを探すが、プレッシャーのせいか全く居ない。
他のパターンも持っているが手の内がばれるのが嫌なので離脱。

水原のリップラップに入るが、反応が薄い。
タックルをセッティングし直したりとかなりの時間を費やし、移動。
ここでも定番リグが通用せず。自分の問題と半々な感じです。

対岸へ行き昼寝。
14時
再開しようとすると人が居る。

それでも間を縫ってやって行く。
数パターンは反応無し。
一体何なら釣れるのか。
ここではいつも全然寄ってこないが、ペンシルを投入。
誘いのスピードでは、やはり反応なし。
苦し紛れの高速トゥイッチでなんと横っ飛びのバイト!
これに反応するのは小バスと決まっているのですが、キロアップ。
ガリガリなので45はあったでしょうか。
なんでもやってみるものです。

その後なぜそう言う事が起こったのか判明。
護岸でボイルが。
パツンッパツンッと吸い込む音。
エビを捕食。今年薄めのベイトも水面へ追い込んでいました。
逃げ惑うパターンでスイッチオンしていた様です。

と分かっていてもなかなか出せず。
別の人がボイル打ちで見事にかけていました。

ジョイクロ等にも反応していましたが、
はまったパターンは作れませんでした。

少し早目の5時納竿。

釣り欲があがってしまいました。




by wakas16 | 2018-08-19 17:03 | バスフィッシング | Comments(0)