趣味の自動車メンテ・バスフィッシング等の気まぐれ日記です。


by wakas16
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

09アルデバラン メンテナンス 下町ロケット

昨日は寝てしまい、今日は午後から下町ロケットの特集がやっていたのでタイヤ交換できませんでしたw
最終回はあまり泣ける所がなかったかな。
面白いドラマでした。


仕方がないのでだらだらとリールメンテ。

入れ替え用に1機追加したのでフルメンテ。
アルデバランは程度が悪いと言ってもゴロゴロ感まで悪化しないのが凄いですね。
シマノ製は皆こうなのか・・?

で、以前から気になっていたIXAのハンドルノブベアリング。
音と回転から、多分ABEC5以上の高級品が使われているものと思われます。

高回転には向いていますが、その性能はハンドルノブに必要ないばかりか、
ちょっと触れたりして、音を出しながら延々と回られると少々気が散ります。
あと、ABECが高いとシャラシャラ感が伝わってきます。

と言う事で消耗品用のスチールのベアリングにグリスを封入して取り付け。
入れ過ぎて巻き取りが若干重いですが、滑らかさもアップしちょうど良くなりました。

どうやらハンドルごと結構回転が残るのは、調子が良いのではなくて各部油が切れているためかと・・。

追記2015/12/23
凄く滑らかになりました。投げても巻いても音も巻き感も無いので逆に釣り辛いですw




3g位のルアーを8gくらいのテキサスと同じようにキャストできる様にするために、今だにブレーキユニットとかいじっているのですがw、PEを選択すると言う記事がありました。
確かに軽いのでスプールが5~6g位でラインが2gくらいで、セラベアのハイブリッドだったら、これ以上はなさそうです。
軽いルアー = 着水音が小さい
ベイトリール = 正確なキャストと着水音を消す事が可能、リグが回転しない。

これだけ考えています。
静かに着水出来るんであればでかいルアーで太い糸の方が良いですね。

PE使用はリールを痛めるらしいですが、無理な力が加わった時にマイクロベアリングが壊れてくれる事で、スプールへの影響を減らす事も考えています。

by wakas16 | 2015-12-21 16:10 | タックル・ギア | Comments(0)