趣味の自動車メンテ・バスフィッシング等の気まぐれ日記です。


by wakas16
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

北浦おかっぱり釣行 ぼうず

寒かったです。
素直に風裏に入ればよかった・・。
冷たい強風で顔が痛く集中できなかったですw
リップラップオンリーでしたが来たのはキャットのみ。

状況が変わり過ぎて、アジャストできませんでした。
トーナメントでこけた時と同じで、準備に思い込みが強過ぎで固執するために、アジャストできないと言うパターン。
「これは違うから・・」と言い聞かせるものの、メイン以外はワッキーとグラブ、スモラバを数投ずつしたのみ。
最後に来たキャットのせいで、先日のバイトが限りなくキャットのものへ近付いてしまいました
orz


清水氏が言っていた、魚は居ない(自分の)という判断、それを探す為に移動すると言う決断。
これが大事だと思います。
釣れない事も情報だと思いますが、そこから釣れる方へ持っていかないとその情報は無駄になってしまうのかも知れません。
実際に居ないならともかく、リップラップなら、十中八九居るでしょうから。

でも、難しいですね。
時間的な要素だけでも、季節はもとより日によっても、時間によっても違いますし、それに加え天候や水質、その他の条件も加わりますから。


タックルの方で、アルデバランのメカニカルブレーキノブ、やはりノッチと言うかクリック音が欲しいです。向かい風で遠投とピッチングを織り交ぜながらキャストするのですが、設定が曖昧になりますし、一々ルアーのフリーフォールの状態を確認しなければいけないので、時間がもったいないです。

遅ればせながら陸王2015の1を観ました。
春は北浦だったんですね。
雪辱を晴らすために彼は練習に来ていたのでしょうか。
惜しかったですね。
あと数百メートルポイントが違えば、何カ所かでスポーンのメス連発と言う事もあり得ましたね。
また、もしチームで戦略的に動いていれば情報もあったでしょう。
釣り版イニシャルD的に。
もっと上になるとF1とかか・・。
カジキ釣りってそうでしたっけ?

超お金持ちだったら数人雇ってチーム組むんだけどなw
・地形や水質、水温、流れ、風向き気候等地理情報収集する役 ×1
・タックルやボートを保守する役 ×1
・魚を追い掛ける役 ×2(うち一人は選手兼ねる)
・釣る技術を極める選手役 ×1
無理だなー、皆自分の釣りで釣りしたくなっちゃうもんね。
賞金も額が小さいから全部優勝だとしても全員が生活できる程にはならないだろうし。
試合だけで生活して行くのは日本では無理ですね。
もちろん他の競技もスポンサーとかチーム運営がいますけど。

陸王初夏の富士五湖は面白かったです。
サイトマジックの正解へ導くタクティクスもさることながら、金森氏の発想は驚愕ですね。
クリアレイクであの釣り方って・・。
しっかり確立していますし。
でも、見えると上達しそうですね・・。

by wakas16 | 2015-11-19 16:34 | バスフィッシング | Comments(0)